C-HRは安全性が高く運転しやすい!トヨタセーフティセンスが優秀!

実際にC-HRユーザーとなって2回ほど先行車との衝突の危機に直面しました。

そのときに感じたのは、トヨタセーフティセンスはしっかり仕事をしてくれるということ。

普段は意識していないし、試してみることも難しい安全性能。

特に自動ブレーキや停止力の一時的な強化は実際に作動しても実感が難しいものです。

なぜなら衝突しそうなときは自分でもブレーキを踏みしめているから。

しかし思い返せば、ピタッと強力に停止してくれたな、と感じたりします。

C-HRは運転しやすい車

C-HRは3ナンバーSUVの中ではかなりコンパクトなサイズです。

もちろんハスラーなどの軽SUVと比較すると大きいのですが。

軽自動車しか乗ったことがない私でも1週間で軽自動車感覚で乗り回せるようになったので、車体の大きさを恐れているドライバーには手を出しやすいモデルと言えます。

ありがたいのはUターンがしやすい点。

軽自動車と比べるとボンネットは前に出ているのですが、中央分離帯がある国道で反対車線に回り込んだりするときも問題はありません。

運転席からの視界がよく取沙汰されていますが、ネットでは試乗やまだ乗り慣れていない時点での書き込みが目立っています。

はっきり言って視界はとてもいいです。

狭いために前のめりな体制になりがちな軽自動車より、ゆったり背を預けて運転できるためです。

ミラーの位置や角度もよく考えられていて、初期位置でもフロントドアの真横からかなり後ろまでカバーできています。

慎重や体形に合わないなら、角度を調節できます。

バックカメラがないと駐車が難しいという意見もありますが、これも慣れ。

乗り続けていればリヤのボディ形状を自然にイメージできるようになります。

すべては慣れ。

スタイルが気に入ったなら、買いです。

むしろ慣れるまでが一番楽しいのがC-HR。

かっこいい車を自分のモノにするのがいいのです。

スポンサーリンク

自動ブレーキとトヨタセーフティセンスについて

事故から私を救ってくれた自動ブレーキと衝突回避機能。

もしこれが無かったら、命こそは落とさなかったでしょうけれど、衝突はしていたでしょうね。

危ない!と思ったその瞬間、ちょうどアラームが危険を知らせてくれました。

この機能はフロントエンブレムに存在するミリ波レーダーと、フロントウインドウの上部にある単眼カメラの情報から判断されて作動しています。

「プリクラッシュブレーキ」ですね。

自車速度が10km/h以上で作動します。

車だけでなく、歩行者にも反応します。

どうしてもブレーキを踏めない場合は自動で減速してくれますが、衝突は避けられないので、過信してはいけませんね。

この機能がトヨタセーフティセンスで一番優秀だと思います。

結構感度が高くて、緩いカーブで右折待ちの車に対しても警報が作動します。

そのまままっすぐ走ったら確実にぶつかるからでしょう。

当然緩いカーブなので、こちらもステアリングは切っているのですが。

他にもオートハイビームは夜間にお役立ちです。

夜の住宅街は街頭が少ないところも多くて、しかも仕事帰りの人がよく歩いているので怖いのです。

ハイローの切り替えは忘れがちなのであって困ることはありません。

スポンサーリンク

気を付けるべきこと

やはり本来は機械に頼らない安全運転を心がけるべき点ですね。

オートマチックハイビームはスイッチでオンにしていないと作動しません。

他にも車線逸脱を防止する「レーンディパーチャーアラート」機能がありますが、これもオンにしないといけません。

どちらも最初にオンなのかオフなのか確認した方がいいですね。

C-HR
cacaoをフォローする
カカオの車事情