C-HR(chr)の口コミ!ハイブリッドはどうなの?

C-HR

とにかく山ほどあるC-HRの口コミ!

ここではハイブリッドモデルに特化してご紹介です!

私も所有する一押しモデル、口コミ、評価はいかに?

C-HR(chr)ハイブリッドの口コミ、評価!

C-HRハイブリッドに対する口コミをまとめてみました!

調べてみると抱く想いは皆同じ傾向にあるようですね!

走行性能

  • オデッセイと比べても劣らない。ただしBMWには劣る
  • 平地では加速感バツグン
  • 長距離も楽に運転できるが坂道ではちょっと非力
  • もう少しパワーがほしい
  • 高速の追い越し車線でも安定して乗れる

普通に乗る分には十分な性能です。

坂では非力という意見もあります。

たしかに3ナンバーサイズとしてはそうだと思います。

でも軽やコンパクトカーと比べたら遜色ないかな。

ガソリン車はもっとパワーがあるから、加速性やパワーを重視するならそっちを選ぶのもありかもしれません。

乗り心地

一言で言えば「クセがない」ですね。

非常によく調整されています。

  • 硬くもなく柔くもなく
  • 凹凸の振動を柔らかくしてくれる
  • 素直なハンドリングとコーナリング
  • アイスバーンでガタついた道もハンドルを取られずブレなくすすめるいい車

乗り心地は高評価。

ナチュラルに運転できます。

燃費

  • 平均21km/L以上
  • エアコン使用の坂道だらけで15km/L
  • エアコンなしなら26㎞/L
  • 満タン法で22km/L

エアコンなしだと凄く良いです。

私的にはエアコンをつけると、蓄電量や外気温の影響で結構燃費がブレると感じます。

トヨタのハイブリッド技術はすばらしい!

積載性

c-hrラゲッジトレイ

  • リヤウインドウが小さいのであまり積めない
  • 普段の買い物を積む分には不自由はない。少なくともコンパクトカーよりは積める
  • 荷室は奥行があって広い。後席を倒せばゴルフバッグ4つは行けます

「積めない」と言われますが、そんなことはありません。

確かに段ボールを2段重ねにしたりといった積み方はできませんが、よほど大量にでも積まない限り不満は出ないのではないでしょうか?

満足点

  • 燃費がいい
  • 音が静か
  • 高速ではロードノイズが大きいがそれでもいろんなレンタカーに乗った人によると静かな部類
  • アイドリングストップになるときも揺れがまったくなくていい
  • 小回りが利く
  • シートヒーターが優秀

音はほんとに静かです。

エンジンは動いているか停止しているかは、ほとんど音でしか判断できません。

ガソリン車のアイストにありがちな「ぶるるっ!」というイヤな震えは全然ないです。

不満点

  • 後部が狭い
  • 後方確認に難あり
  • しかしトラック乗りにとっては見やすいらしい
  • 後部の窓が小さい

やはりどこに行っても、後方視界、と後部座席の閉塞感は取沙汰されますね。

でもがっちりしていて私の仕事の後輩は安心すると言ってました♪

スポンサーリンク

で、キミはどう思ってるの?

口コミ、ということで、サイト管理人もC-HRハイブリッドについて思うところはあるのですよ。

というわけで、2000㎞ちょっと乗った時点での意見を書きたいと思います。

一番思うのは、第一印象と、乗り慣れてからの印象は全く違う、ということですね。

もうスタイリングがスタイリングですので、初めて運転席に乗り込んだときの感覚は「違和感」の方が勝ると思うのです。

だっていままで乗ってきた車とは全てが違うと思うのですよ、C-HRは。

とりあえず、N-BOX Cusutomから乗り換えたときに感じるのは、座席の低さ。

N-BOXシリーズはトールワゴンですから、当然ですよね。

上から見下ろす安心感から、低い視点に変わるのですから、最初は不安が大きかったです。

前方視界も悪いと感じました。

でも慣れてきたら、前方の視界は割といい。

ただ、自分の場合は、歩行者信号を信号待ちの目安によく見るので、ミラーに歩行者信号がかくれてしまうという不満はありますけれどね。

自分だけかな。

これはトールワゴンからの乗り換え特有の悩みと言えます。

インテリアなんですが、こちらも第一印象は衝撃的でしたね。

コンソールの部分や、ナビの部分はなかなか見ない形状です。

n-boxカスタムインテリア

こちらはN-BOX Cusutomのインテリアです。

これから、こっちに変わります。

そりゃびっくりです。なんでこんな奥に収納あるの…となります。

でもやっぱり慣れです。

N-BOXも中央、エアコン下にセンターの収納があったのですが、C-HRの方が位置が高くて手が届きやすいところに収納があります。

貴重品が外部から見えにくいので、車上荒らしには会いにくいという利点も。

もともと目立つ外見だから、車上荒らしは避けそうですよね、C-HR。

一番「なんやこれ…」となったのはナビの形でしたけれど。

正直、数日は後悔してました。

だって非対称ですやん…。

でもだんだん慣れて…。

「ええやん!このデザイン!」

ってなりましたね。

この画像でわかるかもしれませんが、ナビは若干、運転席を向いています。

ミラーは真後ろに向けています。

ナビの傾斜がわかるでしょうか?

さりげなく、ドライバーのことを考えてたんですね~。

あとステアリング。

こちらは最初から満点でした。

LED Packageは革のステアリングなんですよ。

ステッチがはいっているやつです。

これが手触りが良くて…。

さらっさらやで!さらっさら!

こいつにカバーを付けるなんて私にはできません。

運転しながら撫でてます(^^♪

乗り心地

内装ばかりではつまらないですから、乗り心地のことも。

前の愛車、N-BOXとの比較です。

正直、N-BOXと比べものにならないくらい、乗り心地いいです。

背の高さもあるので、路面がでこぼこしてる道はぐらぐら揺れるんですよ、N-BOXって。

でもC-HRは「おっ、でこぼこしてるな…」くらいの感想。

めちゃくちゃ揺れも衝撃も吸収してくれます。

ガソリンスタンドから道路に出る時とか、歩道の段差をまたぐときも、N-BOXは衝撃が結構ゆらゆら来ましたが、C-HRは「ズシッ…ズシッ…」という感じで衝撃を食ってくれます。

まあ、前の車が軽なので、吸収性が高いモデルから乗り換えた場合はわかりにくいかもしれません。

満足点

なんといってもエクステリアですね。

この見た目!

おおまかな形状だけでなく、ディテールもお気に入りです!

ダイヤのように角形を描いたヘッドライト周り。

後方も手の込んだ造形です!

ボディの細かい細工具合は、高級車クラスではないでしょうか。

ぱっと見はわかりにくいんですけれどね。

リヤランプもいいかんじ。

公式サイトではダイヤを意識して、宙に浮いているかんじを出していると言っています。

暗闇で光らせるとキレイ!

写真はなにも加工していないですよ?

あと目立たないところですが、ごついブレーキパッドもいい感じです。

重厚感あって、いかにもよく利きそう。

実際、時速60キロでぼーっと走っていて赤信号に突っ込みそうになったときがあったのですが、急ブレーキで10m行かないくらいで止まってくれました。

危ない危ない…。

助手席に置いていたバッグはグローブボックスの下の落ちてしまったのですが、私の体はそこまで前のめりにはなりませんでしたね。

吸収力も結構あります。

不満点

乗ってみたらいいところがいっぱいあるC-HRですが、不満点ももちろんあります。

直接の後方視界は確かに悪いですね。

しかし、ドアミラーがよく調整されていて、直接見る必要性はほとんどないです。

おわかりでしょうか?

ミラーだけで運転席のすぐ横のドアノブまで見えます。

真横とドアミラーを見ていれば大丈夫。

あとバックモニターは必須ですね。

これがなくても慣れれば駐車できますが、辛いんじゃないかな。

あとレーダークルーズコントロールの操作はもっとカンタンにしてほしい。

ちょっと複雑でわかりにくい。

他にはココ。

樹脂製のバンパー。

フロントからリヤにかけてC-HR全体を囲んでいます。

質感は好みなのですが、いかんせん傷がつきやすいところ。

傷は白く痕になってしまいます。

調べたところ、単純劣化でも白っぽくなるようです。

これを消すには靴墨が最適解の模様。

このバンパーでオフロードなんて走ったら傷だらけですね。

街乗りSUVたる由縁です。

スポンサーリンク

C-HR(chr)ハイブリッドの口コミ、その他の評価評判!

ここでは私が全然意識していなかったC-HRハイブリッドの口コミや評価を見ていきます。

以外にコンパクトな小回り

確かに。

最初軽からの乗り換えなので「でっか!」と思ったものですが、旋回性能はN-BOXとほとんど差がありませんでした。

というか、体感的にはN-BOXと小回りは全然変わらない、不思議。

以外と乗り降りしやすい

腰に負担の少ないシートですし、乗り降りしにくい、ということはないでしょう。

着座位置は低いのに、腰を上げる重さとか、立ち上がるふんばりとか全然必要ありません。

不思議。

実はそんなに着座位置は低くない?

かっこいいエコカー

いちおうエコカーで、プリウスのタイヤを大きくした性能とも言われていますが、デザインが全てを許している、という意見も。

基礎はプリウスと同じですからね。

プリウスと比較して、見た目の好みで選んでも遜色ない性能と言えます!

 

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

 

  • 「このクルマ、性能いいし、かっこいいな…でも高い!」
  • 「値引き交渉がうまくできない…」
  • 「ローンを組んでも支払いがキツい…」
  • 「新車を最安値で手に入れたい…」
  • 「中古車査定も受けてみたけれど大して買取価格が変わらない…」

 

新車の購入には悩みが尽きません…。

 

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず、また聞いてもらったところで
欲しいクルマに手が届かない。

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

必ずオークションを使うこと!

どこで査定しても大して買取価格が変わらないのは目に見えるライバルがいないからです。

 

ディーラーでは30万円の下取りがオークションでは80万円になることも多々あります。

 

オークションを使えば最大5000社があなたのクルマの買取価格を競ってくれるので

結果的に値段が吊り上がります。

 

時代は一括査定よりオークション、依頼しないのは損・損・損!