C-HRカスタムカーがディーラー別にあるって知ってた?

アーバンスタイル C-HR

実は純正カスタムカーが豊富なC-HR。

各パーツの取り扱いはディーラーごとに違います。

トヨタ、トヨペット、ネッツトヨタ、トヨタカローラ…それぞれが取り扱っているカスタムカーを確認していきましょう。

そしてこれらのお店の違いにも触れていきます。

お店ごとの特徴を踏まえた上で自分に合ったトヨタのお店に行くようにしましょう。。

C-HRのディーラー別カスタムカーをチェック!

純正カスタムはカスタム初心者に非常にオススメな選択です。

メーカーが統一でき、色の組み合わせも決まっています。

セットで買うことで安くできますし、取り付けもディーラーが行ってくれます。

C-HRトヨペットのカスタムカー

アーバンスタイル

トヨペットの取り扱いはアーバンスタイル。

Urbanとは都市という意味です。

その名の通り、発展した都市を思わせる現代建築のような装飾が施されています。

モデリスタのブーストスタイルが未来を意識しているので、こちらは現代といったところでしょうか。

フロントロアガーニッシュ、サイドガーニッシュとフェンダーアーチモールは全カラー対応しています。

ホイールアクセントデカールはホワイト、レッド、ブラウン、イエロー、グリーン、ブルーの6色対応。

以上を踏まえると、統一感を出せるボディカラーの選択は

  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • センシュアルレッドマイカ
  • ダークブラウンマイカメタリック
  • イエロー
  • ラディアントグリーンメタリック
  • ネビュラブルーメタリック

となってくるでしょう。

装備品一式と価格は表のようになっています。

パーツ名 画像 価格
LEDスタイリッシュビーム スタイリッシュビーム 41,040円
フロントコーナーガーニッシュ コーナーガーニッシュ 21,600円
サイドガーニッシュ サイドガーニッシュ 59,400円
フロントロアガーニッシュ フロントロアガーニッシュ 30,240円
フェンダーアーチモール アーチモール 78,840円
フードデカール フードデカール 15,120円
ピラーデカール ピラーデカール 30,240円
ホイールアクセントデカール ホイールデカール 12,960円
サイドデカール サイドデカール 34,560円

引用元:https://toyota.jp/c-hr/customize/urbanstyle/?padid=ag341_from_chr_grade_urbanstyle

贅沢を言えば、リヤパーツも欲しいところですね。

C-HRトヨタカローラのカスタムカー

スマートスタイル

トヨタカローラでの取り扱いはスマートスタイル。

後述しますが、トヨタカローラは中高齢者をターゲットにしたお店です。

アーバンスタイルとは違い、各パーツの色は「ウォームシルバー」に固定されています。

デカールはオレンジ固定です。

ウォームシルバーはこんな色です。
ウォームシルバー

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b286800889

少し赤みがかかったシルバーといったところでしょうか。

この色は赤や黄色といった彩度が高い色とは相性がよくありません。

彩度というのは、低くなると、黒やグレーに近くなる色のステータスの一つです。

ウォームシルバーは彩度が低めなので、赤や黄と並べるとちぐはぐになりがちです。

ですから、白、グレー、黒といった色と親和性が高い色と言えます。

以下の装備品を見ればなんとなくイメージできるのではないでしょうか。

パーツ名 画像 価格
フロントロアガーニッシュ 30,240円
サイドガーニッシュ 59,400円
ピラーデカール 30,240円
フェンダーアーチモール 78,840円
ホイールアクセントデカール 12,960円
フードデカール 15,120円
サイドデカール 34,560円

引用元:https://toyota.jp/c-hr/customize/smartstyle/?padid=ag341_from_chr_grade_smartstyle

C-HRネッツトヨタのカスタムカー

ストリートスタイル

ストリートスタイルの特徴はサイドマッドガードとリヤバンパーガーニッシュの設定があることでしょう。

イメージ画像のように、ライムグリーンとブラックの2トーンのパーツは黒いボディによく映えます。

逆に白や黄色といった明るすぎる色は目に痛いかもしれませんね。

パーツ名 画像 価格
フロントスポイラー 37,800円
サイドマッドガード 71,280円
リヤバンパーガーニッシュ 43,200円
サイドガーニッシュ 59,400円
フェンダーアーチモール 78,840円

引用元:https://toyota.jp/c-hr/customize/streetstyle/?padid=ag341_from_chr_grade_streetstyle

C-HRトヨタのカスタムカー

メタリックスタイル

純粋に足回りをシルバーで囲むメタリックスタイル。

デカールの設定はありませんが、これでいいのです。

コンプリートすれば標準ボディの樹脂部分をほとんど覆うことができるので、統一性も守れてどのボディカラーでも違和感が出ません。

パーツ名 画像 価格
フロントスポイラー 37,800円
サイドガーニッシュ 59,400円
リヤバンパーガーニッシュ 43,200円
フロントコーナーガーニッシュ 25,920円
フェンダーアーチモール 78,840円

引用元:https://toyota.jp/c-hr/customize/metallicstyle/?padid=ag341_from_chr_grade_metallicstyle

オリジナリティを出したいなら最も手堅く安定したカスタムかもしれませんね。

全店で選べるカスタムカー

スポーティスタイル

以上はお店によって違うカスタムカーでしたが、スポーティスタイルは全てのトヨタ系列のお店で選べます。

本来の黒の赤いラインを引いた足回りパーツなので、どの色にも合いますね。

足回りのデコレーションはメタリックスタイルも優れていますが、スポーティスタイルは黒のフロントコーナーガーニッシュも存在します。

予算に合わせて取り付けるとフロントが盛り上がりますね!

サイドガーニッシュもボディカラーと抵抗しにくいシルバーで、ブラックの樹脂部分とも相性がいい取り合わせです。

パーツ名 画像 価格
フロントスポイラー 37,800円
サイドマッドガード 71,280円
リヤバンパーガーニッシュ 43,200円
サイドガーニッシュ 59,400円
フロントコーナーガーニッシュ 21,600円
エアロスタビライジングフィン 16,200円

引用元:https://toyota.jp/c-hr/customize/sportystyle/?padid=ag341_from_chr_grade_sportystyle

各ディーラー別にカスタムも扱っているパーツ部位が違います。

「ここにパーツを付けたい!」という希望から購入店を選んでみてもいいでしょう。

 

エアロスタビライジングフィンは全店で全カラー取り扱っているので、他のスタイルとの合わせ技も狙えます。

お店に確認してみましょう!

スポンサーリンク

トヨタ、トヨペット、トヨタカローラ、ネッツ…何が違う?

トヨタのお店はいろいろな名前がありますよね。

それぞれに違いがあるのか気になったことがあると思います。

実はこの4つのお店はそれぞれ違う会社が経営しています。

しかも東京トヨタや長崎トヨタのように、店名が同じでも違う会社が経営していたりします。

つまりトヨタの子会社というわけではなく、トヨタから車を販売する権利を与えられた別会社というわけです。

また、この4つのお店はターゲット層も違っています。

トヨタは富裕層や企業向けのモデルを取り扱っています。

クラウンはトヨタだけの取り扱いですね。

ネッツトヨタは若者向け。

ヴェルファイアはネッツトヨタのみで取り扱っているようです。

トヨペットは若いファミリー向けで、マークXはここのみの取り扱い。

トヨタカローラは子育てが終わった中高齢者をターゲットにしています。

パッソはトヨタカローラのみで扱っていますね。

このようにプリウスや86みたいなどこでも扱っているモデルもあれば、他では取り扱いのないモデルもあります。

ですが、C-HRはトヨタ、トヨペット、トヨタカローラ、ネッツトヨタ、全てでの取り扱い。

だから各店オリジナル、4種類のカスタムカーが存在しているのです。

…となんだか断言してしまいましたが、取り扱いモデルは地域によって違いがあります。

実際に近くのお店で確認するのが一番のようですね。

スポンサーリンク

まとめ:見た目か値引きか

ディーラー別カスタムがいいな、と思った場合、問題になるのが下取り価格や値引きですね。

それぞれ経営している会社が違うので、当然下取り価格や値引き額も違ってきます。

一番お買い得なお店が、気にいったカスタムを扱っていない場合もあります。

当然ですが、一地域に何店舗もトヨペットがあったりネッツトヨタがあったりと都合がいいことはありません。

ここは気にいったカスタムカーを優先するか、価格を優先するか、どうしても選ばないといけないところですね。

そこは覚悟して、一店舗のみで決めてしまうか、いくつか回ってみるかするしかないようです。

個人的にはちょっと高くても満足できるカスタムカーを優先した方がいいと思います。

車は高い買い物です。

一番損するのは未練とか後悔が残ってしまうことですから。

 

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

 

  • 「このクルマ、性能いいし、かっこいいな…でも高い!」
  • 「値引き交渉がうまくできない…」
  • 「ローンを組んでも支払いがキツい…」
  • 「新車を最安値で手に入れたい…」
  • 「中古車査定も受けてみたけれど大して買取価格が変わらない…」

 

新車の購入には悩みが尽きません…。

 

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず、また聞いてもらったところで
欲しいクルマに手が届かない。

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

必ずオークションを使うこと!

どこで査定しても大して買取価格が変わらないのは目に見えるライバルがいないからです。

 

ディーラーでは30万円の下取りがオークションでは80万円になることも多々あります。

 

オークションを使えば最大5000社があなたのクルマの買取価格を競ってくれるので

結果的に値段が吊り上がります。

 

時代は一括査定よりオークション、依頼しないのは損・損・損!