トヨタC-HR(chr)特別仕様車の値引き相場はいくら?

C-HR

C-HR特別仕様車Mode-NeroとMode-Brunoの価格帯は、2,655,200円(税込)から2,979,200円(税込)です!

これに諸費用が上乗せされるので300万円超えは必至です。

できるなら値引きされた方がいいですよね!

そこでC-HR(chr)特別仕様車の値引き相場を調べてみました!

トヨタC-HR(chr)特別仕様車の値引き相場

トヨタC-HR特別仕様車の値引き相場は最大30万円(2019年6月)のようです。

ネット上の情報をかき集めて総合しました。

なので現実はここまでの値引きはなかなか出ないものだと思います。

また、この値引き相場はオプション値引きを含んだものだということを頭に置くようにしてください。

なのでオプションを極力削った本体だけの購入だと値引きは15万程度になることもしばしばです。

実際に調査している人もいるようですが、せいぜい十数人くらいなので気にしない方がいいです。

そもそも「調査しました!」と言っているサイトの中には「いやどうやって?」って思うところもあるので…。

特別仕様車とはいえ、G、G-Tをベースとしたモデルであるため、最終的には同じくらいの金額の値引きが期待できるでしょう。

特別仕様車Mode-NeroとMode-Brunoも発売から時間が経ち、通常グレードと同じくらいの値引きが期待できます。

営業担当によっては、自信をもっている場合があり、値引きは辛い場合があります。

以下は私がディーラーに赴いたときの商談メモです。


こちらはハイブリッドモデルなのですが、現実はこんなものです。

初手の交渉で提示される値引き額は10万円から15万円だと思ってください。

値引き交渉がうまい人はここからどれだけ値引きを引き出せるかが腕の見せどころでしょう。

スポンサーリンク

トヨタC-HR(chr)の工場出荷時期から値引き交渉を考える

2019年6月のC-HR特別仕様車2種の受注から工場出荷までの期間は1ヶ月程度です(公式サイトより)。

C-HRは今そこまで売れているモデルではありません。

これは購入を渋ることで、好条件を引き出すきっかけになると言えます。

スポンサーリンク

絶対上がる!トヨタC-HR(chr)のおすすめ値引き交渉方法

普通トヨタの営業担当の方が交渉はうまいと思います。

車を売るプロですし、たくさんのお客様と駆け引きしているのですから。

業界の相場やルールもずっとよく知っています。

そんな営業担当も値引き額を上げざるを得なくなる具体的な値引き交渉手順をご紹介します。

1回目の値引き交渉

まずディーラーに行く前に買う車をしっかりと決めておく必要があります。

この場合C-HR特別仕様車Mode-Nero(あるいはMode-Bruno)ですね。

これは重要なことで、万が一他のモデルを進められて心が揺れてしまうとあっというまに値引き交渉のプランがブレてしまうからです。

1回目の交渉でやることは見積を作ってもらうこと、値引き額を確認すること、下取り査定を受けること、それだけです。

もちろんこの段階で購入を決めているとは伝えません。

他のモデルと迷っているとか、言っておきましょう。

そうするとまず間違いなく他にどのような車を検討しているか聞いてきます。

というか経験上100%聞いてくるでしょう。

ここでは特にひねらず、世間的にC-HRのライバルと言われているホンダのヴィゼルを挙げておきます。

他にもライバル車はありますが、口コミの数、形状や性能から見てヴィゼルが最も効果的です。

ちなみに一括で買えない場合はこの段階で分割払いになると言っておくとスムーズです。

分割払いはディーラーにとって以外とおいしいです。

利子もつきますし、毎月一定額の確定した営業収入になりますから。

経済的な理由で購入を迷っている明確な理由付けにもなります。

中古車ディーラーに行く

実際にホンダのディーラーに行って下取り価格を出してもらって、トヨタのディーラーにぶつけるのもありですが、そこまでする必要はありません。

今の愛車を中古車ディーラーに持っていって査定してもらいましょう。

間違ってもまだ売ってはいけません。

中古車ディーラーには「まだ乗れるからまた考えてから来るかも」とか言って断りましょう。

ここでの目的は愛車の相場を知ることです。

大抵は下取り査定より高くなると思います。

もし下取り査定の方が中古車ディーラーの査定と同等だった場合はラッキーです。

あなたの営業担当は良心的な可能性が高い。

なぜかというと、あなたの愛車に相場より安い査定額を出して、逆に値引き額を大きくし、お得感を出そうとするのが業界の常とう手段だからです。

つまり差し引きすると大して値引きされていないことになります。

ディーラーは下取ったあなたの愛車を相場どうりに売るのでウハウハです。

相場より安かった場合

ここからは場合別に行動します。

まずはあなたの愛車の下取り査定額が、中古車査定額より安かった場合です。

2回目の交渉にトヨタのお店に向かいます。

そして中古車ディーラーが提示した値段を営業担当に見せて、下取り額を上げるようにお願いします。

攻めてはいけません。

お願いするのです。

後のことを考えるとできるだけいい関係を築きたいからです。

これで値引き額を上げて下取り額を下げることも、その逆もできなくなります。

ひと手間挟むだけで実質値引き額が上がることになります。

もしディーラーがこれ以上は下取り額を上げられないと言うなら、他のトヨタのお店も回りましょう。

これで一番お得に買えるお店を選ぶだけです。

相場どうりだった場合

あなたの愛車の下取り査定額が、中古車査定額と同等だった場合はもう一歩を狙います。

金額差を埋めるために、営業担当に下取りなしだったらどのくらいの値引きになるかを聞きます。

相場と同等の下取り価格を出してくれるような良心的な営業担当ですからもう一歩の値引きをしてくれる可能性もあります。

ここでは値引き相場の不足分を補ってくれるように頼んでみましょう。

下取りなしの値引きが大きくなるなら、そっちを選びます。

しかし下取り額を抑えて値引き額を上げるというテクニックを使っていない営業担当である以上、下取りなしだと値引き額を上げてくれない場合もあるかと思います。

もし下取り前提の値引き額であって、下取りなしでは値引き額を上げられないと言われるなら、下取りありで値引きを増やしてくれと頼むだけです。

オプションを追加して、そのオプションからなら値引きできるとか、条件はいろいろあるとは思いますが、飲めるものは飲みましょう。

せめて納車時にガソリンを満タンにしてくれないかでもいいと思います。

どんなディーラーにも限界はあるので、不満があるのなら他のディーラーも回って一番いいところを探しましょう。

中古車ディーラーに売る場合

中古車ディーラーに売る方がお得という結果は多いです。

その場合は普通に売るよりもお得に売る方法があります。

それは中古車一括査定サイトを使うことです。

中古車ディーラーには一括査定サイトからの依頼というのがわかるようになっています。

それは近隣のライバル店にも依頼が行っているということ。

だから普通お店に行って査定を受けるより高値が付きやすいのです。

ここではより高値が付きやすい手順をご紹介します。

一括査定サイトに登録するとすぐに近隣の中古車ディーラーから電話がくると思います。

ここでは以前愛車を査定に出したディーラー以外を選んで査定を受けます。

そのディーラーに査定を受けたあと、以前受けた査定額を提示し、買取額アップの交渉をしましょう。

これで確実に最初に受けた査定額より高く買い取ってもらえます。

中古車ディーラーに売るタイミングですが、納車日が確定してからが無難だと思われます。

中古車ディーラーもできるだけ査定してすぐに車を頂戴したいと思っているはずです。

ですが、すぐ売ってしまうと、あなたの足がなくなることになります。

だからもうすぐ新車が来るからそれを受け取ってから引き渡したいと伝えるのです。

それを言いやすくするため、中古車ディーラーにも安心して待ってもらうためにも、査定を受けるのは納車日直前の休日あたりにした方がいいのです。

中古車ディーラーは無料で出張して買い取りしてくれるので、新車を受け取ったあとに来てもらって、前の愛車を引き取ってもらうことも可能です。

日時の予定をあらかじめ伝えておくとスムーズにことが運ぶでしょう。

 

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

 

  • 「このクルマ、性能いいし、かっこいいな…でも高い!」
  • 「値引き交渉がうまくできない…」
  • 「ローンを組んでも支払いがキツい…」
  • 「新車を最安値で手に入れたい…」
  • 「中古車査定も受けてみたけれど大して買取価格が変わらない…」

 

新車の購入には悩みが尽きません…。

 

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず、また聞いてもらったところで
欲しいクルマに手が届かない。

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

必ずオークションを使うこと!

どこで査定しても大して買取価格が変わらないのは目に見えるライバルがいないからです。

 

ディーラーでは30万円の下取りがオークションでは80万円になることも多々あります。

 

オークションを使えば最大5000社があなたのクルマの買取価格を競ってくれるので

結果的に値段が吊り上がります。

 

時代は一括査定よりオークション、依頼しないのは損・損・損!