フィットとnbox乗り心地を両方持ってた私が比較!

フィット

nboxに4年乗っていて、フィットに今2年乗ってる私がリアルな比較をします!

どっちもホンダの顔と言えるモデルですが、nboxが売れまくっていてフィットはその陰にかくれてしまっていますね。

ホンダとしては軽よりセダンとかを売りたいところみたいですけど。

でもnboxもフィットもいい車なのでゆっくり比較したいところです。

フィットとnbox乗り心地で重要なポイント

nbox

私が愛したnboxカスタム(旧)

何といっても、その車高の違いが乗り心地に大きな影響を与えているでしょう。

視界の広さはフィットもnboxもそう変わりはありませんが、見渡しは背が高いnboxの方がいいです。

しかしそのせいもあって、nboxは、コーナリングで煽られ感があるという弱点も感じますね。

いわゆる「ロール」です。

段差などでもゆらゆらと揺れがちです。

一方、フィットの車高は一般的なコンパクトカーと言えます。

フィットは乗り心地が少し硬いのですが、その分ゆらゆらすることはありません。

見渡しは良くはないですが、視界は良好。

そしてもう一つ大きな違いを生むポイントがあります。

それはボンネットの広さ

見ての通り、nboxはエンジンルームが小さく、かなり自分の体感覚で車間距離を詰めることができます。

フィット

一方、フィットもその前傾姿勢のため、ボンネットは小さいですが、nboxのように直感的の車間距離を感じて詰めることはできませんね。

両方乗ったから分かるのですが、トールワゴンとコンパクトカーでは運転の仕方も変わってくるので、よく試乗した方がいいです。

乗り降りのしやすさ

nboxは身長170cm位の私がほとんど腰を曲げずに乗り降りできるのがポイントですね。

ただし、腰を深く座って、背もたれに背を預けて、優雅に運転というかんじではないです。

軽自動車の性質上、どうしても直立姿勢になりやすいのがnboxでした、私の場合は。

それが腰への負担が少なくてイイ、というなら、nboxはいいですよ。

スポンサーリンク

フィットとnboxの燃費リアル

フィットとn-box燃費比較
モデル名 カタログ燃費
フィット(ガソリン) 24.6km/L-29.2km/L
フィット(ハイブリッド) 28km/L-37.2km/L
n-box 25.6km/L-27.0km/L

私が持っていたnboxは初代カスタムなので、実燃費はあまりよくありませんでした。

私が乗った場合の実燃費はこうです。

N-BOX(初代):13-16km/L
フィット:16-18km/L(1.3L)

それに比べると、3代目フィットはかなり燃費いいですね!

もちろんガソリンモデルの話なので、ハイブリッドモデルがあるフィットの方がずっと実燃費は優秀。

ガソリンスタンドに行く頻度が下がることも、乗り心地と言えば乗り心地になるでしょうか。

ただし、新型nboxと比較すると…。

N-BOX:17-20km/L(NA)、15-17km/L(ターボ)
フィット:16-18km/L(1.3L)

ガソリンモデル同士ではあまり変わりがありません。

燃費重視で見ていて、ハイブリッドを検討していないなら、自分が乗りやすい方でいいかもしれません。

燃費重視なら、フィットHV一択ですね。

スポンサーリンク

フィットとnboxの維持費を比較!税金は?

ハイブリッドを選べば、燃費がいいフィットの方がガソリン代は安く済みますね。

オイル代や洗車代、他メンテナンス費用もあると思いますが、誰もが必要になるのは税金。

消費税10%になると同時に採用される新税制、環境性能割も気になりますが現状の重量税、自動車取得税、自動車税がいくらになるかですね。

ここではだらだらと書くことはしません。

まとめると税金はこうなります。

モデルと年数 自動車税 重量税
フィット初年度-13年目 34,500円 5000円-12,300円
n-box初年度-13年目 10,800円 1,800円-3,300円

n-boxは排気量660ccなので税金や安いですね。

グレードやエコカー減税対象車かによっても違うのでここでは目安として見てください。

自動車税だけを見ると20000円以上nboxの方がお得ですが、フィットの方が燃費は若干いいため、たくさん走る人にとってはフィットの方が維持費は安くなります。

ちょっとしか乗らないなら、n-boxの方が維持費は安いでしょうね。

ただし、モデルの価格も考えないと採算があわなくなりますよ。

スポンサーリンク

フィットとnboxの諸元比較(走行性能)

n-boxとfitの走行性能数値比較
項目 n-box n-box(ターボ) fit fit・HV
排気量(cc) 660 1,300 1,500
最高出力(kW[PS]/rpm) 43[58]/7,300 47[64]/6,000 73[100]/6,000 81[110]/6,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 65[6.6]/4,800 104[10.6]/2,600 119[12.1]5,000 134[13.7]/5,000
最小回転半径(m) 4.5 4.7-5.2

軽と5ナンバーを比較すれば、数値はフィットの方が当然上ですが、サイズも考慮すればどちらが自分向けかわかるというもの。

フィットはそのキャラクターに似合わずとんでもないパワフルさを持っています。

同じ峠をnboxで超えた場合、回転数は7000rpm近く上がってしまったのですが、フィットは3000rpmでスイスイ

新型の2代目nboxは多少パワーが上がっていると思われますが、トルクから見るとそんなに変わらないかと。

そして高速道路。

nboxも以外と速度出ますが、やはりキツイ感じはあります。

フィットで高速

片側通行の自動車道

フィットは、ロードノイズが大きめで、ちょっと怖いかんじですが、nboxよりは軽快に100km/h以上の流れに乗れますよ。

どっちもガンガン速度を出すタイプの車ではありませんが、高速に多く乗る人はフィットがいいと私は思います。

nboxターボのパワーでもフィットの及ばないうえに、nboxターボは価格も高いので、走りを重視するなら、もうフィットに乗るしかない!

正直、フィットは一部のSUVや3ナンバーよりパワーがあります。

車体が軽いですからね。

フィットとnboxのエンジンについて

n-boxの2代目は直列3気筒のi-VTECエンジンという新型のNAエンジンを搭載しています。

NAとはナチュラルアスピレーション、自然吸気の意味。

過給機を使いません。

ですから、nboxのターボとNAエンジンは乗り心地がかなり違うと言われています。

なぜかというと、ターボは過給機でシリンダーに空気を送るのですから。

フィットの方のエンジンは、直列4気筒、L13B型でアトキンソンサイクルという機構方式を採用しています。

直列4気筒

n-boxよりシリンダーが多いですね。

これは熱効率を重視したことで、燃費を改善しているエンジン。

アトキンソンサイクルはこんな動力になっています。

当然筒が多いフィットの方が排気量も多くパワーがあるというわけです。

一方で3気筒が劣っているかというとそんなことはなくて、コンパクトで低燃費製に優れているという特徴があります。

このへんは車のキャラに合わせて設定されるものみたいですね。

エンジンフィールって乗っていればイヤでも慣れてくるので、あまり関係ない部分だと私は思っています。

慣れるまでが刺激的で楽しいのですけれど。

フィットとnboxのサイズを比較!内装など

これから買うなら新型だろう、とnboxの場合は私が乗った初代ではなく2代目を比較しています。

fitとnbox(2代目)サイズ系比較
項目 n-box フィット
全長(mm) 3,395 3,990
全幅(mm) 1,475 1,695
全高(mm) 1,790 1,525
ホイールベース(mm) 2,520 2,530
最低地上高(mm) 145 135-150
重量(kg) 890-960 1,030
室内長(mm) 2,240 1,935
室内幅(mm) 1350 1,450
室内高(mm) 1,400 1,280

2代目nboxは初代よりさらに広くなっていますね。

nbox内装

本当にnboxは内装が広い。

全長、全幅はフィットの方が大きいですが、背はnboxの方が高いです。

内装ですが、室内幅以外はnboxの方が大きい。

前後はnboxの方がゆったりスペースで乗れますね。

ただし、室内幅はフィットの方が上で、5人乗り

nboxは幅のせいもあって、4人乗りとなっています

ですが実はnbox大の大人が5人乗れます。

かなりぎゅうぎゅうですが(笑)

軽自動車とは思えないスペックです。

横幅だけはフィットに軍配が上がりますね。

荷物をたくさん載せて運ぶ機会が多い人はnboxを選ぶといいでしょう。

ただしパワーはそこまでないのでご注意を。

よほどの重量物を載せて坂道を行かない限り大丈夫な車種ですけどね。

フィットとnbox、車中泊に適しているのは?

nbox車中泊

nboxカスタムに寝てみた

フィットに車中泊

フィットの場合

上は車中泊できないか試してみたときの写真です。

フィットの方が後部座席が広く感じますが、奥行きはそんなに違いがないかなあ。

どっちも身長170cmくらいの私が横に慣れる広さがあります。

軽自動車で後部座席に寝れるのはnboxくらいではないでしょうか。

室内長もnboxの方が長いので、一人で車中泊するならnboxの方が寝やすいです。

しかし2人で車中泊するなら、幅があるフィットだと感じましたね。

いちおうフィットの車中泊については以下の記事で書いてます。

ホンダフィットで車中泊!2人でできるのか?ロングモードとは?

滑稽な写真もありますよ。

フィットとnboxの価格を比較!nboxは高いのがネックか

nboxベンチシート仕様価格
グレード FF価格(税込) 4WD価格(税込)
N-BOX G・Honda SENSING 1,385,640円 1,516,320円
N-BOX G・L Honda SENSING 1,499,040円 1,629,720円
N-BOX 特別仕様車 G・L Honda SENSING カッパーブラウンスタイル 1,689,120円 1,819,800円
N-BOX G・L ターボ Honda SENSING 1,695,600円 1,826,280円
N-BOX Custom G・L Honda SENSING 1,698,840円 1,829,520円
N-BOX 特別仕様車 G・L ターボ Honda SENSING カッパーブラウンスタイル 1,789,560円 1,920,240円
N-BOX Custom G・L ターボ Honda SENSING 1,895,400円 2,026,080円

nboxはベンチシートタイプ、スーパースライドシート、スロープ仕様と様々ありますが、ここはフィットのシート仕様に合わせてベンチシートのみを比較対象としています。

とりあえずnboxはハイブリッドがないので、ガソリン車しか比較の意味がないのですが、コンパクトカーに迫る価格はやはり高いですね。

実際、走行性能もパワー以外は5ナンバーに匹敵する性能だとおもいます。

フィットとnbox、どっちがいいのか?

どうにもnboxは価格が軽にしては高いことを度外視して評価されている節があるように感じます。

実際コンパクトカークラスの性能を軽に凝縮した点が受けたんですよね。

私もそこに惹かれたのですが。

でも乗ってみれば、フィットは安いし広いし、よく走るのでこっちをお勧めしたいですね。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

 

ディーラーでは30万円の下取りが買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたのクルマの買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。