フィットとヴィッツの比較、その選び方。

フィット

若者から高齢者まで幅広い年齢層にドライバーがいるフィット。

フレッシュでみずみずしいイメージがあり、若い世代や女性に人気があるヴィッツ。

どちらも視界が良くコンパクト、車庫入れがしやすく、都市部での取り回しに向いたモデルです。

ここではそれぞれの特徴と比較、選び方をご紹介します。

フィットとヴィッツの広さを比較してみる

引用元:https://toyota.jp/vitz/interior/?padid=ag341_from_vitz_navi_interior
フィットとヴィッツの室内サイズを比較
モデル名 室内長 室内幅 室内高
フィット 1935mm 1450mm 1280mm
ヴィッツ 1920mm 1390mm 1250mm

クラス最高サイズと唄っているだけあって、フィットはヴィッツより一回り大きいですね。

しかしヴィッツも思ったほど狭くありません。

広さを追求しているわけではないのなら、室内サイズは比較するほど気にならないでしょう。

スポンサーリンク

フィットとヴィッツのボディの大きさを比較

フィットシルバー
引用元:https://toyota.jp/vitz/exterior/?padid=ag341_from_vitz_navi_exterior
フィットとヴィッツのボディサイズを比較
モデル名 全長 全幅 全高
フィット 3990mm 1695mm 1525mm
ヴィッツ 3945mm 1695mm 1500mm

短く、背が低いヴィッツ。

フィットより少し小さいくらいでしょうか。

幅は同じなので、狭い路地での取り回しに差はないと言えます。

フィットのグレード別最小回転半径
グレード 2WD 4WD
ハイブリッド車(全種) 4.9m 5.2m
ガソリン車 4.7m 4.9m
15XL
Honda SENSING
4.9m 5.2m
RS
Honda SENSING
5.2m なし
フィットのグレード別最小回転半径
グレード 1.0L 1.3L 1.5L “Sportyパッケージ”
ハイブリッド車 4.7m 5.6m
ガソリン車 4.5L 4.7m-4.8m 5.6m

グレードによりますが、ヴィッツの方が最小回転半径は小さい傾向にあります。

ハイブリッドはモーターなどの専用装備を積むことになるので、どうしても小回りを圧迫するのが難点。

徹底的に小回りとコンパクトさを求めるならヴィッツのガソリングレードを厳選すべきでしょう。

スポンサーリンク

フィットとヴィッツの燃費を比較してみる

フィット燃費

ヴィッツハイブリッドモデルのJC08モード燃費
グレード 燃費
HYBRID U 34.4km/L
HYBRID U “Sportyパッケージ” 34.4km/L
HYBRID F 34.4km/L
HYBRID jewela 34.4km/L
平均燃費 34.4km/L
ヴィッツガソリンモデルのJC08モード燃費
グレード 燃費
U 25.0km/L
U”Sportyパッケージ” 25.0km/L
F(1.3L) 25.0km/L
F(1.0L) 21.6km/L
F”SMART STOPパッケージ” 24.0km/L
F”Mパッケージ” 21.6km/L
jewela(1.3L) 25.0km/L
jewerla(1.0L) 21.6km/L
jewela”SMART STOPパッケージ” 24.0km/L
平均燃費 23.6km/L

ガソリン車はヴィッツの燃費が断然上。

排気量が小さいのも一因にあります。

ハイブリッドはフィットもヴィッツも同じくらい。

ガソリン車で小さい車がいいとか、軽自動車からの乗り換えならヴィッツのニーズは非常に高いかと。

スポンサーリンク

フィットとヴィッツのタイヤを比較。サイズとホイールデザイン

フィットのタイヤサイズ

フィット15インチアルミホイール

フィット16インチアルミホイール

  • 185/60R15(HYBRID全般、1.3L4WD、1.5Lガソリン)
  • 175/70R14(ガソリン1.3L)
  • 185/55R16(RS Honda SENSING)

ヴィッツのタイヤサイズ

ヴィッツの”Sportyパッケージ”16インチアルミホイール

“HYBRID U”15インチスチールホイール

  • 195/50R16(“Sportyパッケージ”)
  • 185/60R15(HYBRID U)
  • 175/65R15(U)
  • 175/70R14(HYBRID Jewela, Jewela)
  • 165/70R14(ガソリン1L車)

特別サイズに差はありませんね。

ハイブリッドを選べば、フィットもヴィッツも自然と15インチになる感じ。

Sportyパッケージは6Jのアルミホイールになります。

ヴィッツはガソリン車を選ぶと”Sportyパッケージ”、Uグレード以外は14インチになります。

スポーツグレードはどっちも16インチを採用。

ホイールとタイヤの大きさは、かなり見た目を左右するので、ちょっとお高いですが、スポーツグレードも検討してはいかがでしょうか。

結論。フィットとヴィッツの選び方。

引用元:https://toyota.jp/vitz/performance/?padid=ag341_from_vitz_navi_performance

広さ、小回り、燃費全てを取るならフィット、ただし乗り心地は硬め。

コンパクトさと爽やかな乗り心地を追求するならヴィッツ、特に燃費もいいガソリングレードがおすすめ。

パワーはどちらも十分あります。

あとは見た目の好みで選ぶべきでしょう。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

 

ディーラーでは30万円の下取りが買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたのクルマの買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。