フィットとポロを比較!価格か質感か?

フィット

まずは2019年4月のフィットとポロの人気比較。

中古車市場での場合です。

フィットは76,750台ネット上で流通しています。

ポロは12,390台。

月の販売台数はフィット990台、ポロ210台。(参考サイト→https://otooku.com/i/vs/207001-103028)

人気自体は圧倒的にフィットの方が上ですね。

フィットとポロ。

人気は明らかにフィットの方が上で、中古車もフィットの方が4倍以上売れています。

それは流通台数の差もあるのですが、日本でのメーカーの認知度や信頼もあるのではないでしょうか。

フォルクスワーゲンも有名なメーカー。

ポロもフィットを超える性能と特徴があるのではないかと感じ、今回は比較してみます。

フィットとポロの走行性能を比較

引用元:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html#item=15&gallery=153490573957424650
フィットとポロのサイズを比較
項目 フィット(ガソリン) ポロ
排気量L 1.317 999
1,497
最高出力(kW[PS]/rpm] 73[100]/6,000 70[95]/5,000-5,500
110[150]/5,000-6,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 119[12.1]/5,000 175[17.9]/2,000-3,500
250[25.5]/1,500-3,500

出力はフィットに劣りますが、トルクはポロに軍配。

1.0Lのダウンサイジングエンジンのほか、
1.5Lエンジンを搭載した上級グレードもあります。

ポロはVW車の特徴と弱点をうまく調整しているモデル。

VW車は非常に安定した走りをしてくれることで有名ですが、後輪の地力がしっかりしている分、コーナリングに難があるという性質があります。

ポロはVW車の中でも、曲がりやすく、操舵性に優れているのが長所。

コンパクトカーで一番走行性能が高いのはデミオだと言われていますが、安定した走りに注目すれば、コンパクトカークラスで最高峰といえるでしょう。

フィットは口コミでも走行性能ではポロに劣るとよく言われています。

パワーは十分あるのですが、ポロに比べると安定感がありません。

軽いボディ、重心が低い安定感が売りですが、ポロやデミオに比べるとバタつきがあるとよく言われます。

また、口コミではフィットやデミオよりはるかに乗り心地がいいのがポロとのことです。

走行性能、乗り心地ではフィットはポロの敵わないということでしょう。

スポンサーリンク

フィットとポロの広さを比較

引用元:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html#item=7&gallery=153490573957424650

フィットとポロのサイズを比較
項目 フィット(ガソリン) ポロ
全長mm×全幅mm×全高mm 3,990×1,695×1,550 4,060×1,750×1,450
室内長mm×室内幅mm×室内高mm 1,935×1,450×1,280
最低地上高mm 135 140
重量kg 1,030 1,160
最小回転半径m 4,7 5.1

ラゲージ容量(荷室容量)

フィットハイブリッド(FF):318L
フィットガソリン(FF):386L
ポロ:351L

ポロの正確な室内寸法のデータは見つかりませんでした…。

しかしフィットより室内は小さい模様。

ラゲージルームの容量のデータはああったため、この数値差を見えればわかるというものでしょう。

後部座席、荷室の広さでフィットの敵うコンパクトカーはシャトルぐらいでしょう。

燃料タンクを前席下に設置したセンタータンクレイアウトが活きています。

ただし、ハイブリッド車は駆動用電池などがあるため、少しガソリン車より荷室が小さいです。

ポロも狭いわけではありませんが、フィットには敵いません。

大人が後部座席に座ると、フィットはこぶし2つ分の余裕が前席との間にできますが、ポロは1つ分。

内装の広さはフィットが優れていますね。

ポロは走行性能と乗り心地がいい分、ガッチリしていて重く、ボディ大きめ、でも中は普通の広さといったところでしょうか。

スポンサーリンク

フィットとポロの安全装備を比較

引用元:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html#item=7&gallery=153490573957424650

ポロの安全装備は非常に進んでいます。

アクティブボンネットは万が一の衝突時に、歩行者保護のために、ボンネットの後端が持ち上がるという仕組みになっています。

急ブレーキ時などに、後続車に注意を促す、エマージェンシーストップシグナル、衝突を検知すると、自動で10km/h以下になるまで減速し、車線はみ出しなどによる2次被害を防ぐポストコリジョンブレーキシステム。

全速度に対応した対車両プリクラッシュブレーキシステム、5km/Lから65km/Lまで歩行者に追突に危険性を検知したら働く自動ブレーキも安心感を生んでくれます。

また、国産車では今のところ見かけないシステムも存在。

プロアクティブ・オキュパント・プロテクションは急ハンドルや急アクセル・ブレーキから危険性を判断すると、自動でウインドウを閉じ、シートベルトをきつくしめる機能。

他にも多数に機能を搭載しており、フィットに比べると特に衝突に対する予防安全装備が充実しています。

★ポロの他の安全装備

  • リヤビューカメラ(バック時の広報誌人アシスト)
  • デイタイムランニングライト(常時点灯し、車両の存在を喚起)
  • スタティックコーナリングライト(夜間カーブ時に歩行者に注意喚起)
  • ESC(横滑り防止、制御機能)
  • ドライバーの疲労検知システム
  • 全車速対応ACC(アダプティブクルーズコントロール)
  • ブラインドスポットディテクション(後方の視覚を検知)
  • 駐車支援システム(キレイに駐車できるように指示が出る)
  • リヤトラフィックアラート(出庫時、後方に危険があると知らせる)
  • オプティカルパーキングシステム(障害物を検知しディスプレイ表示)
  • パークディスタンスコントロール(駐車時の障害物検知、警告、緊急ブレーキ)
  • エアバッグ(フロント、サイド(前席)、カーテンエアバッグ)

フィット搭載のHonda SENSINGも見逃せません。

ポロとはまた違う視点で安全を支援してくれます。

★フィットの安全装備

  • 衝突軽減ブレーキ(車両、歩行者との衝突回避支援)
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング(ハンドルによる回避を支援)
  • 路外逸脱抑制機能
  • アダプティブクルーズコントロール
  • 車線維持支援システム(車線内の走行をアシスト)
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能
  • エマージェンシーストップシグナル
  • VSA(ABS + TCS + 横すべり抑制)
  • ヒルスタートアシスト
  • 運転席用i-SRSエアバッグシステム&助手席用SRSエアバッグシステム

ポロは駐車時のアシストが充実、死角に潜む危険性を察知します。

フィットは誤操作などによる衝突を回避する機能が充実していると言えます。

どちらも優秀な安全性を持っていますので、快適な駐車を取るか、誤発進などのミスによる危険性を回避するかで選ぶといいでしょう。

スポンサーリンク

フィットとポロの価格を比較

ポロ価格
グレード 価格(税込み)
TSI Trendline 2,119,000円
TSI Comfortline 2,320,000円
TSI Highline 2,679,000円
TSI R-Line 2,980,000円
GTI 3,480,000円
平均価格 2,715,600円

ポロは非常にしっかりしたモデルですが、高いですね。

フィットはハイブリッドですらポロより安いです。

この点がフィットの販売台数が多い理由でしょう。

これからの時代、車にお金を掛けられるのは富裕層の証拠。

趣味性の高いスポーツカーよりも、ポロのような車は上品に感じてしまいますよね。

ただ、高いのにはちゃんと理由があって、装備は非常に上質です。

置くだけで対応したスマホを充電してくれる収納とか。

燃費はフィットより悪いポロですが、それよりも質感を重視するならアリな選択でしょう。

フィットの内装や装備は、経費削減で若干安っぽいのが難点です。

フィットとポロの燃費比較。ポロにハイブリッドがない点

ポロJC08モード燃費
グレード 価格(税込み)
TSI Trendline 19.1km/L
TSI Comfortline 19.1km/L
TSI Highline 19.1km/L
TSI R-Line 17.8km/L
GTI 16.1km/L
平均燃費 18.24km/L

ポロは走りがイイだけに、いろいろエンジンから足回りにかけて調整が入るのか、燃費はちょっと悪いです。

スポーツカーも走りを追求している点燃費が悪いですよね。

そこに通じるものがあります。

あとポロはハイブリッドがありません。

「燃費が良くて安い!」

というのはフィットの強み。

いくら走りが良くても、それがないポロはやはり、フィットより趣味性が強い車です。

フォルクスワーゲンですし。

フィットとポロ、こう選べ!

まずは長所。

安くて、燃費が良くて、中が広いのがフィット。

ポロは走りが良くて、装備が上質です。

短所。

フィットは乗り心地がポロより悪い、質感が節約志向。

ポロは価格が高い、燃費が悪い。

燃費を気にしない、値段は高くてもイイ車が欲しい、あるいはフィットはそのへんをたくさん走っていて出くわすのがイヤ!というならポロを選びましょう。

乗り心地、走り心地、かっこいいデザインで幸せになれます。

逆に車にお金を掛けたくない、燃費重視、みんな乗ってるんだから、乗り心地も許せるレベルでしょ?というならフィット。

見た目もそこそこかっこよく、いい買い物。

幸せになれます。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

 

ディーラーでは30万円の下取りが買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたのクルマの買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。