インプレッサスポーツ中古車・型落ち車にこそ福がある?

インプレッサスポーツ

インプレッサスポーツの中古相場、探し方や購入の流れについて語っていきます。

いい中古車を手に入れるコツは妥協せずに探し続けることと、迷わず即決することです。

インプレッサスポーツ2017年モデルの中古相場(オススメ!)

2017年式の本体価格は180万円から240万円程度になることが多いようです。

私がオススメするのは、走行距離が2000キロ未満の車両ですね。

基本的に中古価格も高めの相場となりますが、車検までの期間も長いことが多く、なにより使用期間が短いことが安心感につながります。

決め手はナビやオプションの装備ですね。

いくら新品同然の条件でもオプションが自分にとって足りなければ、中古で買うメリットが小さくなってしまいます。

インプレッサスポーツなら、アイサイト、ナビ、バックカメラは最低限必須です。

プラスアルファでスマートキーやETCがあれば、十分中古車として買う価値があると言えるでしょう。

しかし走行距離が2000キロ未満の車両がなかなか見当たらない場合や、価格をもっと抑えたい場合は走行距離3万キロ未満を目安にしてください。

このくらい走りこんだ車両は今後不具合が出る可能性は低いです。

車は10万キロ走ったらそろそろ変えろと言われていますし、あと5万キロは安全走行圏内とみなしていいでしょう。

年式はやはり新しい方がいいでしょう。

2017年モデルの場合、当然ですが、2017年以降に新車として生産されたことになりますので、車検も1~2年残っている計算になります。

メーカーの補償も残っている場合が多いです。

それだけでなく、購入した中古車販売店のメンテナンスの他、スバルのディーラーでもメンテナンスを受ける権利が生きていることがあります。

価格がちょっと高い中古車にはそれなりのメリットがあることを覚えておいてください。

スポンサーリンク

新車同然の中古車があるのはなぜ?

インプレッサスポーツに限らず、走行距離が2000キロとか、1000キロにも満たない状態で販売されている中古車がありますよね?

新車同然で、それでいて新車より少し安く、場合によってはオプションがもりもり…。

そういう車はなにか裏があるのでは…と思いがちです。

でもそんなことはないんですね、これが。

車種にもよりますが、インプレッサスポーツのこういう新品同然の車両はメーカーの展示車だったり企業の社用車だった場合がほとんどです。

今だったらモデルチェンジによる売れ残った在庫車の場合もあります。

しかしそれだけでは説明がつかない車両もあります。

オプションもりもりの新車同然のインプレッサスポーツですね…。

展示車や社用車ならせいぜいナビさえあれば十分なのに…。

実はこれには切実な理由があったのです…。

中古車ディーラーに直接聞いたのですが、よくある理由としては都心への転勤、とのこと。

新車でオプションもりもりで購入したのはいいものの、数か月後には東京への転勤が決まってしまった、なんてことは意外と多いようです。

都心では車を持つことはリスクになります。

通勤は公共交通機関がメインですからね。

それで泣く泣く手放すことになった、と。

ぜひ大切に乗らせていただきたいですね。

スポンサーリンク

価格が魅力の型落ちインプレッサスポーツ

旧モデルにあたる2016年モデルは価格が110万円程度からと、ぐっと落ちてきます。

だからと言って条件が悪化するというわけでもありません。

もちろん補償が切れていたり、車検が近かったり、もう切れていたりしますが車の質自体は良く保っていることが多いです。

車検込みとしても2017年モデルより安く済む場合も多いでしょう。

新型にこだわらないなら、型落ちモデルを選ぶのも手です。

さらにこだわらないなら事故車も?

修復歴がある車両はさらに値が落ちますね。

かといって、性能に後遺症が残るような事故でなければ検討するのもありです。

ぶつけた傷後やへこみなども綺麗に修復されている場合もありますから。

このあたりは実際に自分の目で必ず見るようにしましょう。

ちなみにですが、ミラーなどがぶつけるなどして完全にもげてしまった場合、きれいに新しいものに交換すると買取査定では修復歴扱いにならないこともありますよ(体験談)。

スポンサーリンク

特定の用途のみならあり?2015年以前のモデル

引用元:https://www.carsensor.net/contents/market/category_1491/_62368.html

このくらい古い型となってくるとどのインプレッサスポーツも120万程度に価格となってきます。

中には100万切るモデルもありますね。

車検も切れていて補償もなし、という場合が多いはず。

長期間乗るには不安がありますし、もっと新しくて200万くらいの中古インプレッサスポーツを探したほうが後々乗り換える必要性がなく、最終的なコストも抑えられそうです。

しかし以下の目的の人にはオススメできますね。

  1. 新人ドライバー
  2. 買い物専用車
  3. インプレッサスポーツに乗ってみたいだけ

免許取得仕立てならまずは中古車で運転慣れする必要があります。
先々かっこいい車に乗りたいなら練習にはうってつけかと。
事故を起こしてもダメージを抑えられますしね。

奥様の買い物用など、短距離の走行、決まった用途にしか使わない場合もありです。

とりあえずスポーツタイプの車に乗りたい人にもおすすめです。

インプレッサスポーツおすすめの中古車探しの方法

個人的におすすめの中古車探しの手順をお伝えします。

まずは近場の中古車ディーラーを探しましょう。

最終的には出向く必要があるのでここで決めます。

次にその中古車ディーラーのサイトで条件に合うインプレッサスポーツを探します。

実店舗ではなくネットで探す理由は、全店舗の在庫を見ることができるからです。

近くの店舗の在庫でなくても、頼めば取り寄せてくれます。

ただし購入確定後です。

運送費がかかります。

いい条件の車が見つからない場合、待つのも手です。

中古車は日々入荷と出荷を繰り返しているので、いい条件の車が入ってくる可能性もあります。

ここはいつまで待つか、どこで妥協するか、重要なポイントです。

予算や、今乗っている車のリセールバリュー(中古として売る場合の価値)と相談して決めましょう。

これがいい、という車が見つかったらすぐ行動です。

中古車ディーラーに行きましょう。

その店舗に実車がある場合、見せてもらい、問題なさそうなら契約します。

取り寄せの場合も即契約した方がいいです。

あなたが欲しくなるような好条件の車は他の人も欲しくなります。

中古車は新車と違って一期一会ですから、即決が基本です。

迷っているうちに他の客に先を越されて契約されると後悔しかありません。

取り寄せの場合、実車を見る前の契約になるので不安はありますが、大手中古車ディーラーなら写真と実車がひどく違うということはないので安心していいでしょう。

多少小傷はあるかもしれませんが、それは中古なので…。

ただし装備に関しては、営業さんに電話で確認してもらってくださいね。

他の店舗の在庫なので、営業さんも細かいところまではわからないことがありますから。

契約後ですが、中古車とはいえ、登録や保証などの経費がかかりますから、表示価格よりも30万から35万ほど上乗せされることを覚えておいてください。

今乗っている車を下取りに出す場合は、渡す書類について確認しておくといいでしょう。

自動車税を納税したときの領収書は渡すべき書類です。

インプレッサスポーツの中古車という選択について

経済的に新車購入が厳しい環境に人も多いかと思います。

わずか600キロほど走行した新車同然の中古車でも、新車に比べたら数十万価格が下がることが多いです。

下取りを含めたら新車で買うよりも100万以上得をする場合もあります。

中古車、積極的に狙っていきましょう!

中古車販売店ですが、あらかじめ一括査定サイトを使い、もっとも高い査定額をだしてくれた販売店を選んだ方がいいとおもいます。

そうでなくても中古車販売店はライバル関係にあるので、あのお店はここまで出してくれたからここでもこのくらいの価格で買い取ってよ、と言う交渉材料になります。

購入を決めているなら、なお交渉はうまくいくでしょう。