インプレッサスポーツD型マイナーチェンジ予想!

インプレッサスポーツ

2018年10月にマイナーチェンジしましたインプレッサですが、C型はAVH追加のみの変更でした。

インプレッサスポーツにもツーリングアシストが搭載されることが望まれているようですが、どうやらレヴォーグやWRXとは搭載されているコンピュータのアイサイトのシステムが根本的に違い、ツーリングアシストは搭載できないという情報もあります。

もし搭載されるなら、アイサイトのシステム自体がマイナーチェンジでレヴォーグ仕様に変更される必要があるようですね。

【D型マイナーチェンジ予想】ツーリングアシストとAVHについて

引用元:https://www.subaru.jp

ここでは一応、2つの期待されているアイサイト機能をカンタンに説明したいと思います。

AVH(オートビークルホールド)

引用元:https://www.subaru.jp

通常の車は停車中もブレーキを踏んでいないと動き出してしまいますが、これをオンにすることで、シフトがPに入っていなくてもブレーキ後はアクセルを踏まない限り発進することがありません。

実は昔のスバル車はこの仕様が標準でした。

ヴィヴィオビストロとか。

この機能の利便性と弊害についてですが、利便性を考えますと、渋滞時に長時間ブレーキを踏み続ける必要がないので足の負荷が軽減されます。
一方でこの機能になれてしまいますと、解除した場合や、他の車を運転する場合に思わぬ発進で事故が発生する可能性もあります。

ツーリングアシスト

 

あらゆる車速の状態で、全てのドライバーの操作を補助する機能です。

引用元:https://www.subaru.jp

スイッチ一つでオンオフできます。

停車状態から時速120kmまで対応して、道路状態や警告をパネルに表示します。

引用元:https://www.subaru.jp

運転をさりげなくアシストしてくれるので自然と疲れにくくなるのが特徴と言われています。

人の感覚に近い動作を実現しており、機械的な動きを極力しないように開発されているそうです。

引用元:https://www.subaru.jp

「まずは」という表記から、確実にインプレッサスポーツにも搭載されると思われます!

遠くへの外出も楽になりますし、「スポーツ」の名を持つなら必須の装備となりそうですね。

スポンサーリンク

ウワサされていたインプレッサ sti sportは追加される?

多くの人が予想していたsti sportは今回のC型マイナーチェンジでは追加されませんでした。

残念。

sti sportモデルはグレードとしては最上級にあたり、レヴォーグやWRXに採用されています。

しかしインプレッサスポーツはsti仕様の公式パーツがすでに発売されています。

もちろんカスタムパーツということで、装着したからと言って車体のグレード自体が上がるわけではありません。

しかし、いつになるかわからないsti仕様車の発売を待つよりも専門店の助けを借りつつc型のインプレッサスポーツをカスタムしていくのも面白いかもしれません。

一応ここでstiパーツを紹介しておきますね。

stiフロントアンダースポイラー

引用元:https://www.subaru.jp

高速走行時に受ける空気を整流し、タイヤの安定した設置を実現する機能があると言われております。

フロントの高度が65mm下がるので装着後は突き上げに注意が必要です。

stiサイドアンダースポイラー

引用元:https://www.subaru.jp

ダウンフォースを向上させるサイドのパーツです。

サイド下部の見た目も充実し、一石二鳥。

やはり底面が32mm下がるので、擦る可能性は出てきますね。

stiリヤサイドアンダースポイラー

引用元:https://www.subaru.jp

フロントからリヤに向かう空気を整流するパーツです。

加速性や燃費向上を期待できますね。

stiリヤルーフスポイラー

引用元:https://www.subaru.jp

空気整流はもちろんのこと操縦安定性も向上させる装備です。

車に詳しくない人もリヤルーフは注目するポイント。

見た目にアクセントを付ける意味でもいいパーツですね。

stiアルミホイール

引用元:https://www.subaru.jp

リムにスピニング工法を採用しているのが特徴。

キャップのSTIのロゴが純正の証ですね。

ホイール選択で一番悩むのはデザインや色が合っているかどうか。

純正品ですからその点は安心です。

標準ホイールに物足りなさを感じているものの、どんなホイールがいいか迷っているなら選んでみては?

stiフレキシブルタワーバー

引用元:https://www.subaru.jp

ストラットタワーバーは左右のサスペンションのエンジンルーム内にある付け根に渡す棒状のパーツです。

単純な構造ですが、左右のサスペンションを支えることでコーナリング時の安定性を向上できます。

路面の凹凸による圧力も分散し、乗り心地も向上。

おそらく最も走行性能の向上を実感できるパーツだと言えます。

stiフレキシブルドロースティフナーフロント

引用元:https://www.subaru.jp

車体底面、クロスメンバー間に渡すように装着するパーツです。

他社の純正パーツには見られない、スバルSTI独自の発想だと言えます。

クロスメンバーに適度な圧力を与えることでシャシーのしなりを調整し、乗り心地を向上。

コーナリングで力を発揮します。

引用元:https://www.sti.jp

stiシフトノブ

引用元:https://www.subaru.jp

性能には影響しませんが、インテリアにSTIの証を示すアクセサリーとなっています。

本革製で触り心地も良好。

ステアリングと同様、手触りがいい操舵系はいつまでも飽きがこないものです。

見た目だけ、と侮ることはできない部分ですね。

インプレッサsti sportモデル追加とstiカスタムの違い

引用元:https://www.subaru.jp

ここである疑問が湧いてきます。

これらのパーツを使用してカスタムする場合と、スバルからsti suportとして直接購入する場合、なにか違ってくるのでしょうか?

それをはっきりさせるために、通常のレヴォーグとレヴォーグのsti仕様車の違いを調べてみました。

レヴォーグの例ですので、これがこのままインプレッサスポーツに対応するとは思えませんが、気になる諸元をピックアップしてみました。

レヴォーグSTI比較
1.6GT-S EyeSight 2.0STI Sport EyeSight
エンジン 1.6ℓ DOHC
直噴ターボ“DIT”
2.0ℓ DOHC
直噴ターボ“DIT”
駆動方式 AWD(常時全輪駆動)
CVT リニアトロニック スポーツリニアトロニック
最大トルク[ネット]
[N・m(kgf・m)/rpm]
250(25.5)/1800-4800 400(40.8)/2000-4800
燃料種類 無鉛レギュラーガソリン 無鉛プレミアムガソリン
トランスミッション リニアトロニック
(マニュアルモード付)
前進無段 後退1速
スポーツリニアトロニック
(マニュアルモード付)
前進無段 後退1速

トルクは排気量の影響を受けるので、1600ccか2000ccかで違ってきます。

おそらくインプレッサスポーツにSTIモデルが設定されるならば、排気量は両タイプ実装されることでしょう。

一番注目するポイントはCVTの仕様自体の違いですね。

リニアトロックはスバル独自のCVTですが、2000ccにはスポーツ仕様のCVTが採用されています。

スポーツリニアトロック。

間違いなくインプレッサSTIスポーツにも採用されるのではないでしょうか。

この影響でトランスミッションやガソリンの種類も変わってきます。

燃費も標準モデルと違う結果になるのは確実です。

引用元:https://www.subaru.jp

レヴォーグの例でわかるようにモデル自体がSTIだと根本的な性能が違います。

つまりいくら自分でsti sportにカスタムしても、モデル自体は普通のインプレッサスポーツなので、完全にSTIモデルになるわけではないということが容易に想像できると思います。

ここを超えていくには中身の方もかなり手を入れないといけませんね。

そうなると費用の方も、スバルのsti仕様車を買うよりもかなり上がってきてしまうでしょう。

sti sport仕様のカスタムパーツについてはさまざまが評価・評判があります。

走行性能の向上はあまり期待できないという意見もあれば、ある程度の効果はあるという意見。

走行性能の向上はおまけであって、公式パーツによる差別化が最重要と言う意見。

最も効果があるのは見た目が変わらないフレキシブルタワーバー、フレキシブルドロースティフナーでしょうか。

いずれにせよ、エクステリアのパーツは見た目意外には過度な変化は期待しない方がいいかもしれませんね。

引用元:https://www.amazon.co.jp

ステッカーだけ貼り付けて「なんちゃってsti」にするのもわるくありません!

STIパーツにはスバル純正品保証があるため、初期の不良品も販売店に行くだけで対応を受けられる点は評価できます。

スポンサーリンク

インプレッサD型(2019年型)予想

引用元:https://www.subaru.jp

スバル車には発売から3回目のマイナーチェンジで大幅な改良を仕掛けてくるという例があります。

インプレッサ、レガシィ、レヴォーグ、WRXがその例ですね。

つまり次回のにあたるD型へのマイナーチェンジは今回よりは大きい変化をもたらしてくると予想されます。

というか、B型、C型と変化が少なすぎたと思います。

守りに入ったのかとさえも思えるほどに…。

アイサイトツーリングアシストの追加

冒頭でお伝えしたアイサイトツーリングアシストの追加は満足いくマイナーチェンジの実現には必要不可欠でしょう。

インプレッサスポーツのライバル車、トヨタのカローラスポーツ。

カローラスポーツはレーントレーシングアシストを追加します。

値引き交渉でもカローラスポーツは競合させるのに効果的な車種と言われており、開発陣も意識している存在です。

このタイミングで追加されないのは不自然かと思われます。

sti sportモデルの追加

一番望まれていることだと思います。

インプレッサは歴史のある車ですから、そろそろ追加されてもいいかと。

e-boxer

引用元:https://www.subaru.jp

フォレスターに採用されたハイブリッドシステムです。

過去にはインプレッサスポーツにもハイブリッドが存在しましたが、最近は消えてしまっています。

そろそろ復活を望む声も密かにささやかれています。

あのころと違い、スバルのハイブリッドシステムは各段に進化しました。

クルーズコントロールとの連携により、より低燃費な走行も可能になっています。

ハイブリッド復活はフルモデルチェンジの機会になるかもしれませんが、ぜひ早く実装してほしいですね。

その他細部デザインの刷新

毎度インテリアやエクステリアのデザインは少しづつ変化してきました。

今回もその変更はある可能性があります。

個人的のはカラーバリエーションの追加を予想しています。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツD型マイナーチェンジ予想のまとめ。2019年9月から11月?

引用元:https://www.subaru.jp

近年は開発の勢いが落ちているインプレッサ界隈。

長い歴史で根強いファンも獲得していますし、まさかこのまま販売終了ということはないと思いますが、ちょっと心配ではありますよね。

次回のモデルチェンジに期待しておくのがスバルファンとして正しい在り方なのかな、と思います。

マイナーチェンジ直前は在庫車が安く買えるチャンスでもありますから、それを狙って資金を貯蓄しておくのもありだと思います。

ただし、在庫車は自分の好きな色などを選べなかったり、同じような在庫車狙いのライバルも当然いますのでその点は理解しておきましょう。