比較

インプレッサスポーツとライバル車、アクセラを比較!オススメはどっち?

アクセラはマツダ初の3ナンバーサイズセダン。 ガッチリとしたボディと高い性能で世界的にも注目されています。 2016年にマイナーチェンジしているため、インプレッサスポーツとはいいライバルです。 果たしてどっちがオススメの車なのか? 比較してみたところ、スバルとマツダの車づくりの姿勢の違いも見えてきました!
インプレッサg4

新型インプレッサg4気になる評価・評判、口コミは?

インプレッサg4の車種は「セダン」。 世の中のブームは軽とハッチバックでセダンは売れていないというイメージがあります。 ホンダの「フリード」、トヨタの「ヴォクシー」、日産の「ノート」といったコンパクトカーやワンボックスカー。 それらが主流と言えます。
インプレッサg4

インプレッサg4は燃費悪すぎ?実際は?これで完璧!燃費向上テクニック!

確かにカタログ燃費も15.8~18.2km/Lと高くはありません。 しかし、人は悪いイメージに敏感に反応してしまうものです。 インプレッサほど長く開発されているモデルですから、表面上の数値だけではない安定した燃料消費効率が隠れているはずです。
比較

インプレッサとwrxの違い!見た目意外もこんなに!

スバルのインプレッサ(G4、スポーツ)とWRXの性能や価格といった違いを比較します。 同時にそれぞれの歴史的経緯にも触れていきます。 現在インプレッサはG4とスポーツの2モデル、WRXはS4とSTIの2モデルが生産されています。
比較

インプレッサスポーツ2.0i-SとLの違いとは?

2.0i-S EyeSightと2.0i-L EyeSightの違いを確認します。 具体的には装備が違います。 ここでは2.0i-S EyeSightだけの装備と2.0i-Lにも存在する共通の装備に分けて違いを検証しています。
インプレッサスポーツ

インプレッサSTIスポーツ、発売日は2019年11月!

2019年1月11日、東京オートサロンにて、ついにインプレッサSTIスポーツのコンセプトモデルがお披露目です。 レヴォーグ、BRZにつづく3作目のSTIスポーツモデルですから、強力なモデルになることが期待されます。
スイフトスポーツ

スイフトスポーツの荷室の積載性は?ライバル車と比較!

荷室(ラゲッジスペース)の容量は265Lです。荷室寸法は奥行600mm×最小幅1000mm×高さ860mm。座席を倒すと奥行1480mmになります。この数字だけではわかりにくいので、他のコンパクトカーと比べて見ていきましょう。
スイフトスポーツ

スイフトスポーツ(zc33s)の車体室内サイズで見るべき部分はココ!

車体サイズや室内空間のゆとりは車選びで重要な要素です。スイフトスポーツは室内の広さを求めるモデルではありませんが、運転に支障がでる室内空間であっては困ります。スイスポの車体の大きさや室内サイズ感を見ていきたいと思います。
スイフトスポーツ

スイフトスポーツ(zc33s)後部座席の乗り心地は?

家族、友達、恋人…後部座席の快適さを気にする理由は様々だとおもいます。ここではスイフトスポーツの後部座席(リアシート)をレビューしていきたいと思います。
スイフトスポーツ

スイフトスポーツ(zc33s)純正レカロシートの座り心地座面をレビュー!

スポーティでかっこいいスイフトスポーツのフロントシート。 ドイツの自動車・鉄道関連製品メーカーのレカロ社が専用にデザインしたそれは座面の形状をみるだけでもワクワクしてしまいます。そんなスイフトスポーツのフロントシートの座り心地や性能をレビューします!